TOP > 求人情報 > 製造 > テックワン株式会社|就職最前線

テックワン株式会社|就職最前線

会社紹介

テクノロジーでオンリーワンの企業を目指して技術に磨きをかけています

テックワン株式会社は、1962年創業。合繊織物のプリント、染色加工による傘生地生産でスタートし、『小さな大企業』を合言葉に技術力世界一を目指して幾多の変動する時代を乗り越えて参りました。
2001年に透湿防水高機能フィルムとラミネート加工事業を立ち上げ、合繊織物のプリント・無地染めからラミネーションまで一貫した生産体制が確立し、スポーツ・防寒衣料を中心に拡大して参りました。今後もフィルム開発、リチウムイオン電池の負極剤開発、メディカル事業の展開など新しい分野の開発を推し進め、常に世界の進化を見据えた新たな製品を市場に出せる、社会に必要とされる企業を目指します。

テックワン販売商品 洗える傘

世の中にある傘の多くで耐久はっ水性能がうたわれています。しかし実際に使ってみると、使えば使うほど目に見えて傘の性能が落ちていく。そんな経験はないでしょうか?「メーカーがウソを付いている?」決してそんなことはありません。確かにその傘には、
「耐久はっ水」性能が付いています。けれども、普段の生活ではラボでは測り切れないさまざまなダメージ要因が存在します。雨の中に含まれる汚れ、手の脂(あぶら)、生地の摩擦。「汚れやダメージがはっ水の邪魔をしている」。だから、生地本来のはっ水性能が生かせていないのです。

社内イベント

◇2022年の新社員の入社式です。
◇社内研修会で新技術を学びます!

仕事内容

プリント(染色)

仕事内容画像
スクリーン技法とロータリー技法を使い分け、創業初期から培ってきた技術でデザインを表現します。プリントの種類も様々な方法があり、濡れると柄が浮き出てくる柄浮プリント(アクアマジック)や加工部分が濡れたような透けた感じを表現する透明プリント(クリアード)など多くの方法があります。

プリント(捺染)

仕事内容画像
スクリーン技法とロータリー技法を使い分け、創業初期から培ってきた技術でデザインを表現します。プリントの種類も様々な方法があり、濡れると柄が浮き出てくる柄浮プリント(アクアマジック)や加工部分が濡れたような透けた感じを表現する透明プリント(クリアード)など多くの方法があります。

整理(仕上げ)事業

仕事内容画像
染・プリント後の生地を高機能商品に仕上げる後加工技術です。撥水・吸水など用途に応じた加工が可能です。通気性を下げずに光沢を生む通気光沢加工やライセンス契約をしている抗菌防臭加工(サニタイズ®)も弊社で行うことが出来ます。

仕事の魅力

目で掴む。手で考える。心でつくる。私たちの仕事は熟練を要する職人芸。ファジィな素材を用い、マシンの心をも読むような感性を要します。それを実現するのが私たちの手。水作業が多く少しガサガサしていますが、ほんのちょっとした風合いの違いも感じ取ります。色の違いはCCMで数値化できます。けれどもその色がどう感情に訴えるかは、目を通して計るしかありません。 世の中の感覚で見れば、非効率的でアナログ。そんなものづくりを続けるのは、それが心に響くモノと確信しているから。私たちにしかできない仕事だから。アナログは、私たちの誇りです。

先輩社員の声

先輩に質問

社員画像

松田 庄太さん

仕事内容:整理部署
出身校:神戸学院大学経済学科
入社年:2019年

入社のきっかけは?
当社へ入社したきっかけは繊維業界に元々興味があり、そのような仕事に携わりたくて入社しました。私が所属する整理係では主に、撥水加工、生地調整等の管理を行っています。
仕事のやりがいを感じるときは?
入社した時の感想は、1人で1台の大きな機械を操作するため最初は大変でしたが、操作に慣れてきたときの嬉しさはとてもやりがいを感じました。また、機械と様々な生地の特性を考えて加工するため機械と生地に対して自然と知識が深まっていき日々、自己の成長を感じられます。
職場の雰囲気は?
仕事の面では上司や先輩方がアドバイスをしてくれ、トラブルが起きた時は助け合える環境なのでとても仕事がしやすく覚えやすい環境だと思います。

先輩に質問

社員画像

寺松 礼人さん

仕事内容:染色部署
出身校:金沢学院大学経済情報学科
入社年:2020年

仕事の内容は?
染色部署で液流染色器を用い、生地に色をつける仕事をしています。単に色をつけると言っても、生地の種類ごとに温度や機械の中で生地を回す速度、それぞれ気をつけなければならないことがあり、ミスなく次の工程へ生地を引き継ぐことが求められます。
仕事のやりがいを感じるときは?
とても大変な仕事ですが、経験を重ねるうちに、生地ごとに注意しなければいけない点が理解できてきて、自分の思い通りに加工できた時にやりがいを感じます。大学は文系を専攻していたため、0からのスタートでしたが、先輩や上司に優しく指導していただいたおかげで今では、色々な機械を任せて貰えるようになり、自身でも成長を感じています。

代表者メッセージ

代表者画像

代表取締役社長 北市 幸男

会社を支えるのは人であることを基本と考え、人材の育成に加え、社員の結束を何にもまして優先していきます。これからもテックワンは、『技術に懸ける、世界を駆ける、小さな大企業』をスローガンに、お客様の満足、全社員の幸福、社会への貢献を実現しながら100年企業を目指していきます。 私たちは、一緒に働く仲間を募集しています。

企業情報

会社名
テックワン株式会社
事業内容
合繊織物(ナイロン・ポリエステル)の染色
プリント及び透湿防水フィルムのラミネート加工
国内、海外のスポーツアパレル向け衣料
自社開発/感染防護服、医療用マット、車椅子用マット等
研究開発/リチウムイオンバッテリー負極材、
炭素繊維開発
進化型機能フィルムや環境配慮型機能加工
所在地
〒929-0124 石川県能美市浜町ヌ161-4
TEL
0761-55-0761
設立
1965年6月
従業員
150名
代表者
北市 幸男