TOP > ブログ > 転職成功ノウハウ > その他の転職お役立ち情報 > 転職における最大のリスクは何でしょうか?

転職における最大のリスクは何でしょうか?

転職における最大のリスクはキャリアの断絶です。

 

新卒で就職しても、3年で約30%の人が退職してしまう時代ですから、もはや終身雇用の時代ではないというのは明らかです。それでは転職する際の最大のリスクは何でしょうか?

それはキャリアの断絶だと言われています。これは大きく分けると2つのケースがあります。

 

1つ目は、次の就職先が決まらないまま退職してしまう場合です。現在の人材不足の時代において、第二新卒や若い方の場合にはそれほどでもないのですが、そこそこの年齢に達している場合には、必ず転職先と最後のサインを交わしてから退職するべきです。特にミドル世代においては、なかなか転職先が決まらずブランクが長くなるケースが多く、転職市場における価値が下がり、それとともに年収の交渉等も出来にくくなってしまうのが現実です。

 

 

もう一つは、上手く転職出来た場合でもキャリアの断絶が起こるケースがあります。それは、例えば今まで研究開発をしてきたのに、品質管理や開発以外の部門に配属となる様な場合です。本人が望んでキャリアチェンジするケースは良いのですが、その会社に入社したいがあまり、希望する職種でなくても妥協することがあります。何年かしたら開発も出来ますからと言われても、その時には最先端の技術についていけないということは良く聞きます。

 

この場合のキャリアの断絶を避けるには、次の会社で何をやるのかという仕事の内容を確認しておく事です。採用する側もされる側も、早く決めたいとの心理から、細かな内容は入社してから決めればいいという心理になりがちです。

 

転職における最大のリスクは、新しい仕事が自分の想像とは異なる場合があると心得、自分が次の会社でどのような権限を持ち、どのような内容の業務をするのかを、きちんと確認しておく必要があります。

 

 

30代の転職はこちら

 

40代の転職はこちら