TOP > ブログ > 転職成功ノウハウ > 履歴書・職務経歴書について > 履歴書・職務経歴書を見直す!(◎_◎;)

履歴書・職務経歴書を見直す!(◎_◎;)

転職活動がうまくいかない時に対処する方法としては、大きく4つあります。

まずは転職活動の幅を広げる事です。簡単に言うと転職サイトや転職エージェントに複数登録する事です。これにより求人案件の幅が大きく広がります。また、転職する地域の問題もあります。やはり地方には魅力的な求人が少ないのが現実ですし、またそのような求人がでてもすぐに決まってしまいます。やはり大都市圏のほうが求人がおおいのは事実です。

 

次に希望する職種や条件を見直して見るべきです。安定を求めて大企業に応募してもそうは簡単には採用されません。また、最近では大企業だからといって安定しているわけではありませんからね。

 

あとは以外と見落としがちですが、本当に転職するのがいいのかどうかを再度考えて見る事です。なんのために転職しようとしているのかを掘り下げて考えると、転職しないという選択もあるということに気づくことがあります。

 

最後に、どれだけ提出しても書類選考を通過しないケースです。この場合が今回のテーマとなります。

 

この場合は履歴書や職務経歴書、特に職務経歴書の見直しが必要です。私どもライフラインやスピードジョブズのような転職エージェントをうまく活用して、中味をブラッシュアップするのも一つのやり方です。

また、自分で見直す場合のポイントしては、応募する企業の求人内容や募集要項を熟読することが肝要です。それらには企業が求めている人物像や求める人材のヒントが隠されています。歓迎するスキルや経験なども重要です。

 

また、ホームページに書かれている経営理念や経営者からのメッセージなどにもその企業が求めている人材の理想像が書かれている場合が多いですね。

このような情報をうまく活用して、求めている人材としてアピールできるように業務に活かせる知識やスキル、実績、エピソードなどを振り返りセールスポイントを絞り込んでください。

 

最後に、転職活動はそれほど簡単にうまくいくものではありません。粘り強く諦めないで取り組んでくださいね。そうすれば必ず道は開けると思います。