株式会社ライフライン

ブログ

コールセンターで働いてみませんか?

2018.03.28

コールセンターの業務内容について

コールセンターが関わる業務といえば、電話の発信や受信、営業やサポート業務など多種多様な内容となっております。

そんなコールセンターが担っている役割についてですが、上記のように電話をかけたり、受けたりというのが基本業務になります。

発信(アウトバウンド)…電話を使った営業活動をしたり、インターネットフォームなどからの問い合わせに対する電話で対応、さらに電話での調査を行なう際にもコールセンターは大活躍します。アウトバウンドですと、事前にその顧客の情報を得ているケースが大半ですから、情報を把握しやすいという魅力もあります。

受信(インバウンド)…顧客側からの電話に出て対応をするというもので、質問を受けることもあれば、クレームを受けるケースもあります。

 

コールセンター業界の細かい職種について

 

コールセンター業界の職種は大きく2つに分かれます。

オペレーター…コールセンターで電話対応をするのがメインの仕事です。電話対応だけではなく、電話対応の内容をパソコンに上にメモしていったりもするので、パソコンを扱うスキルも平均程度には必要となります。

 

SV(スーパーバイザー)…オペレーターの上のポジションです。主にオペレーターの教育をしたり、オペレーターの電話状況を管理したり、オペレーターの手に負えない案件を替わりに対応したりするのが主な業務です。

★他人と話すのが好き

一番の適性は他人と話すことが好きだという点だと思います。そしてどんな他人の話でも興味を持って聞けること。

★柔軟な対応

見ず知らずの方と電話で話すことにたいして、抵抗がない。どんなに理不尽な苦情を言われても頭を下げられる。柔軟な対応ができる。

★受け流すことが出来る人

さまざまなクレームが入ってくるので、良い意味で相手が言っていることを受け流すことも必要です。

★声質や話し方

不特定多数の人を相手にする職業ですので、誰にでも好感と安心感を与えるコミュニケーション能力と天性の声質、話し方などをもっていらっしゃる方。

★我慢強い人と素直な人

これは与えられたマニュアルにそって業務をこなすために必要となる資質です。

 

コールセンターの求人内容はこちらから

 

 

WEBエントリー(転職・新規ご登録)

お仕事をご希望の方は、まずはWEBエントリーよりご連絡ください!

お申込はこちら

Speed Jobs ライフラインオフィシャルFacebook