株式会社ライフライン

ブログ

年代別転職活動のポイント【40代の場合】

2018.03.04

40代の方の転職活動の現実

転職におけるキャリアのピラミッド構造

20代、30代の方に比べて40代の方の転職が一般的に難しくなるという現実については、いまさら私が言うまでもないことかと思います。それではなぜ難しいのでしょうか?

 

それは採用する企業側から見ると、同じ職務経験を持っている人を比較した場合に、ひとつはコスト(人件費等)の問題、あと1点は人員構成の問題からです。

 

20代、30代の方のほうが給与が安いのは当然です。後者については、新卒がなかなか採用できない事情から、その穴埋めを第二新卒でと考える企業が多くあり、若い人材の中途採用の枠が増えているからです。

 

一方40代の方のキャリアを求める企業が以前に比べて多くなったというのも事実です。特に団塊の世代の皆さんの定年退職を迎えて以降は、技術の伝承や次世代への引継ぎなどの観点から、40代あるいは50代の方であってもきちんとしたキャリアや専門性があれば採用したいとする企業が増える傾向にあります。

 

 

40代での転職で重要な2つのポイント

①過去の労働条件や処遇などにとらわれすぎないこと

私どもに相談にこられる40代以降の方との会話の中で、良く聞くのが前職ではこうであったという自慢話やプライドです。たとえば、年収は800万円で役職は課長であったなどというものです。

 

確かに企業がキャリア採用する場合に前職での給与はひとつの目安にはなりますが、その企業独自の給与体系などもありますのでそれはひとつの参考材料にしかすぎません。またそれは過去の話しであって、それだけの給与で課長職についていたのであれば、なぜ転職を考えたのでしょうか?また条件を維持したければ辞めないという選択肢もあると思いますが…

 

そこにはなにかしらの理由があると思われます。であるならば現在までの条件等に捉われすぎることなく、転職しようと考えた根本のところを解決出来る企業であるかどうかという視点から転職活動すべきであり、それがないまま再就職してしまうと同じことを繰り返してしまう危険性をはらんでいます。

 

もちろん40代は一番お金がかかる世代でもあるので、給与等の条件は大切なものではありますが、そこに捉われすぎないというのが大切なポイントの一つになります。

 

 

②求人票や募集に関する条件を読み込む必要性

40代のサラリーマン

40代での転職の場合は、専門性に加えて、ポータブルスキルを持っていることも重要となってきます。この年代の求人の場合に、募集要件の中に、マネジメント経験やプロジェクトリーダーの経験などの必要性が書かれているケースがあります。

 

しかし、これだけではそれが【must】なのか【want】なのかが分かりにくいと思われます。この場合、実際の役職が管理職ではなくても、人を動かしたり、育成したりするのが得意で、コミュニケーション能力が高い場合などは充分該当すると考えても良いと思います。

 

ですのでどこの組織や企業に行っても活用できる、持ち運び可能なポータブルスキルをどの程度もっているかも重要であるといえるでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、40代の転職活動における大切なポイントをまとめさせていただきました。

転職の際には、是非参考にしていただければと思います。

 

弊社の求人には40代の管理職に関する求人なども掲載しておりますので、ステップアップしたいといった方は探してみてはいかがでしょうか。

<<求人情報はコチラ>>

 

 

WEBエントリー(転職・新規ご登録)

お仕事をご希望の方は、まずはWEBエントリーよりご連絡ください!

お申込はこちら

Speed Jobs ライフラインオフィシャルFacebook