株式会社ライフライン

ブログ

転職活動を始めるにあたって

2018.02.04

転職活動を進めていくには、まずその準備が必要となります。そのなかでも最も大切なことは履歴書・職務経歴書の作成です。これをきちんと作成するためには、まずは自己分析をし、それを踏まえて自己PRをまとめることです。これがきちんとできれば、あとはそれを履歴書・職務経歴書の中にどのように落としこむかというテクニカル的な問題になります。多くの方は自己分析や自己PRが不充分なため、職務経歴書なども不完全なものになってしまいがちです。

次にどのような求人があるかを探し応募する段階になります。こちらは皆様もご存知のとおり、大きく分けると3つに分類されます。

1.ハローワークに行って探す

2.各種求人サイトやフリーペーパーなどを見て探す

3.人材紹介会社(エージェント)に登録して、自分にあった求人を探してもらう

 

そのほかにもあるとは思いますが、大きく分けると上記のようになります。ではこのうちのどれがいいのでしょうか?これについての正解はないものと思われます。その方のキャリアや年齢、何をしたいのか、正社員かパートかなど、さまざな条件によっても違ってきます。

ただ、ひとつだけ覚えておいて欲しいのは、各人材会社にはそれぞれのクライアントから特命で依頼された水面下での求人案件があり、それらの中に魅力的な案件が多いということです。その理由としてはいくつかあるのですが、これも大きく分けると2つになります。そのひとつは人事担当者としては、ある程度のキャリアやスキルのある方だけとお会いしたいと言うものです。新卒や中途、そのほかにもいろいろな人事の仕事があるなかで、絞り込んで面談をしないと膨大な時間が取られてしまいます。ですから一次面談は紹介会社に任せて、それをクリアした人材を書類選考して次のステップに進むと言うことです。

もうひとつの理由としては、どの企業でもあまり表に出したくない求人があるということです。どの分野が不足して、どこに力を入れていこうとしているかを他社には知られたくないという理由からです。

つぎに書類選考が通過して、いざ面接となったらその対策をしなければなりません。面接時のマナーなどはもちろん、転職の理由などもしっかりと準備しなければ、当日しどろもどろになってしまいますよね。

最後に、めでたく内定した場合には、現在の会社に退職の意志を伝え円満に退職するための準備が必要となります。これも重要なことです。在職期間の長い短いはべつとして、お世話になった会社ですから最後まできちんと礼儀を守らなければなりません。

以上が転職活動を円滑に進めていくためのステップとなりますが、大まかな流れについてはご理解いただけましたでしょうか?今後はこのプログ内でそれぞれのステップについて、もう少し詳細に説明していくことにします。

当社ライフラインではこれらすべてのステップでのお手伝いをしております。また当社が運営しているスピードジョブズも含めて皆様の転職が上手くいきますように、最大限の努力していきたいと思いますので、是非お気軽にご相談ください。

 

 

 

WEBエントリー(転職・新規ご登録)

お仕事をご希望の方は、まずはWEBエントリーよりご連絡ください!

お申込はこちら

Speed Jobs ライフラインオフィシャルFacebook